夏のアイドル、アイドルの夏

ドルヲタ人生 最高

初めて推しと握手してきた

 

 

こんにちは。

 

モーニング娘。’17工藤遥ちゃんのおかげで生きてるヲタクです。ありがとうハルちゃん。

 


f:id:IdolOfSummer:20171026202523j:image

 

とうとう行ってきました…握手会。

 

 

 

 

幸せで、本当に幸せで、こんなに幸せでいいのかなってくらい幸せで、どうしたらいいかわからなくて、ぼんやりしてしまって、それでもこの気持ちを忘れないように、ここにダラダラと綴ろうかなと思います。 

 

 

 

某県(めっちゃ寒い。5℃。信じられない)から4時間バスに揺られて新宿へHere We Go!


f:id:IdolOfSummer:20171026205317j:image

(田舎者丸出しで撮った)

 

 

 

高校時代の友達とランチしたりカラオケしたりしているうちに、


f:id:IdolOfSummer:20171026210544j:image

(りんごジュース頼んだらオレンジジュース出てきた。)

 

 

気づけば握手会3時間前。

 

 

 

もう、緊&張。

 

 

だって、推しと握手するの、初めてなんだもん。

 

 

緊張しすぎて、唐突に

寿司DVD(工藤遥 卒業メモリアル)でハルちゃんが被ってたベレー帽がほしい!


f:id:IdolOfSummer:20171026210348j:image

 

と思って、そこら辺のよくわかんないベレー帽(1600円)で買ったら頭に入らなくて、自分の頭囲を呪った。

 

 

しかも、朝、念入りにしてきた化粧がボロボロ。

 

 

ハルちゃんに会うのにこんなんじゃアカン!!!

 

と必死にキャ〇メイクの粉を顔に擦りつけた。
f:id:IdolOfSummer:20171026210952j:image

 (これ本当にいいよね) 

 

 

 

そして、道でペットボトルの水をこぼしたりして半泣きになりながら、会場の書泉ブックタワーへ。

 

 

 

とにかく落ち着かなくて、

 

2階の小説フロアで、「ここにいるのみんなヲタクだろ…」と思いながら世界史の資料集を読んでいたら、店員さんから並ぶ様にアナウンスが。

 

(その瞬間、そこに居た人が一斉に並び出した。やっぱりみんなヲタクだった)

 

 

驚いたことに、待機列、とにかく、女の子だらけだった。女子アイドルの握手会じゃないでしょこれ。

 

 

並びながら、何だか目が痛くて、「ハルちゃんをこの瞳でスクリーンショットしないと!」って焦って、必死に目を瞑って眼球をグルグルした。

 
f:id:IdolOfSummer:20171026223926j:image

 

 

  

19時になって、いよいよ握手会が始まった。

 

 

心臓を抑えながら階段を昇って、最上階のブースに入った瞬間、ハルちゃんの声が聴こえた。

 

 

衝立の向こうから、大好きなハスキーボイスで、いつもよりちょっと高めなトーンで

 

「ありがとうございますーーー!」

「ありがとうーーー!」

 

 

 

ああ工藤遥ちゃんって本当に居るんだな。

 

 

 

そう思った瞬間、どうしようもなく感動してしまった。

 

 

声だけでヲタクを感動させる女、工藤遥chanである。

 

 

レジが混雑したらしく、私の10人くらい手前で列がストップした時も、

 

「渋滞しちゃってる。ハッハハ!」

 

 

 

画面越しに散々聴いてきた、あのハルちゃんの気持ちのいい、豪快な笑い方を、この耳で直に聴いた。

 

 

嬉しくて、幸せで、思わず唇を噛み締めたら血が出てしまって、慌てて服で拭った。むしろ一生渋滞してたい。

 

 

ああ、ハルちゃんは本当にこんな笑い方をするんだな、なんて楽しそうな笑い方をするんだろう。

 
f:id:IdolOfSummer:20171026214618j:image

 

しばらくして、また再開。

 

 

ブースの中に通された。

 

 

そこには、セーラー服を着たハルちゃんがいた。

 

f:id:IdolOfSummer:20171026215058j:image

 

 

無理。

 

予想はしていたけど無理。

 

 

無理無理しているうちに、いよいよ私の番が来て、テンパりながらハルちゃんと向かい合った。

 

 

あのね、

 

間近で見たハルちゃんは、小さくて、細くて、肌が真っ白だった。

 

 

手を握って、目を見た瞬間、

 

えっ、まつげ長すぎでは!?

 

と驚いてしまった。

 

 

よくさあ、少女漫画の目ってこう描かれるじゃん?

目から垂直にまつ毛が生えてる(?)感じの。
f:id:IdolOfSummer:20171026220100j:image

(下手ですみません)

 

まさしく、これだった。

 

生え方が根本的に我々とは違う。

 

 

 

顔と身体はとっても小さいのに、目は驚くほど大きかった。

 

 

肝心の握手だけど、何を言ったのかはあんまり覚えてない。

 

 

「ずっとずっと大好きです」

 

みたいなことを言った気がする。

 

 

ハルちゃんは、

 

「本当!?嬉しいー!」

 

みたいなことを言ってくれた気がする。

 

 

 

そのまま、剥がされるまでもなく、私は放心状態で流れてしまった。

 

 

 

 

ブースを離れ、写真集を受け取ったあと、ジワジワと涙が出た。

 

 

タワーを出て、秋葉原駅へ向かう道でも、駅のホームでも、電車の中でも、何度も何度もハルちゃんの声と顔を反芻した。

 

 
f:id:IdolOfSummer:20171026223738j:image

 

 

 

工藤遥ちゃんが本当にこの世に存在していたこと、本当に可愛かったこと、それがたまらなく幸せでした。

 

 

そして、大好きだ!って伝えることができて、たまらなく嬉しかった。

 

 

 

5秒にも満たない握手だったけれども、感動はずっと続いています。もう一生続くと思う。絶対続く。

 

 

 

もうねーーーーーーーーーー、

 

「生まれてきてくれてありがとう」

 

って気持ちが改めて湧いたよ。本当に。

 

 

 

だって、たった数秒で、こんなに幸せな気持ちにさせてくれるんだもん。

 

 

 

そして、ハルちゃんってファンのことをとっても愛してくれてるんだなあ、とも感じた。

 

 

だから、ハルちゃん自身もたくさん愛されるんだもんね!

 

 

お願いだから、一生愛だけに包まれて暮らしてほしい。

 

 

もうなに言いたいかわかんなくなってきた。

 

 

とにかくね、とにかくね、

 

 

工藤遥ちゃん。

 

 

大好きです。


f:id:IdolOfSummer:20171026222800j:image